お茶漬け野郎のノリノリUBERブログ!!

ノリでブログ始めちゃいました!!UberEatsの配達の情報を中心に、ウェブカツでの学んだプログラミングのことを発信しています。

【UBER EATS】雨の日もこれで万全。雨対策グッズ

この記事をシェアする

 

f:id:ochazukeyaro:20200324234906p:plain

おっす、お茶漬け野郎だ!

現在、大阪でフリーでUber Eatsの配達をしていて、1週間で7~8万ほど稼いでいるぞ

 

前回の記事で雨の日はUber Eatsの配達員にとっていかに稼ぎどきなのかというお話をさせてもらった。

しかし、雨の日というのはコンディションが悪いので、道具などのある程度の準備が必要になってくる。

 

中途半端に準備をしても、トラブルになり、途中で配達を中断してしまうことになってしまうので、万全の準備で配達に挑もう!1

 

今回は実際に僕が使用している雨天時の装備にについて紹介させてもらうぞ。 

 前回の記事はこちら

www.ochazukenori.com

 

 Uber Eatsに関する他の記事はこちらから

www.ochazukenori.com


 

レインウェア

ゴアテックス

f:id:ochazukeyaro:20200322002200j:plain

f:id:ochazukeyaro:20200322002220j:plain

雨の日に一番お金をかけたいのが、このレインウェアですね。

5000円ほどの安いものもありますが、あまりお勧めはしません。

なぜかというと、強い雨の時には雨を防ぎきれずに浸水してしまうことも多いです。

僕も初めは安物のレインウェア を買ったのですが、1時間も持ちませんでした。

また、通気性も悪く蒸れやすいですね。

汗が、籠るのでかなり気持ち悪いと感じるでしょう。」

 

それらの解決策となるのがゴアテックスです。

雨が強くても1日の配達に耐えることができる、上に通気性も抜群。

全く蒸れません。

 

30000円近い値段はしますが、ここはお金をかけておきたいところです。

 

モンベルの公式サイトはこちらから

モンベル - アウトドア総合ブランド

 

モンベルではないですが、比較的安くネットで購入できるゴアテックス です

 

ゴアテックス 以外

f:id:ochazukeyaro:20200322002934j:plain

とはいえ、配達を始めたばかりでお金はかけたくない。

という人もいるかもしれません。

 

僕もゴアテックス は高価で、大事に使っていきたいので、雨が弱そうな時は安物のレインウェア を使っています。

 

その場合は安物のレインウェア+安物のビニールレインコートの重ね着が良いと思います。

1枚でダメなら2枚にすればいいわけですね。

足の部分は思ったより濡れませんし、上着は2枚重ねればある程度は防ぐことができるでしょう。

 

しかし、蒸れやすいので、あくまでも応急処置程度になるかと思います。1日の配達は辛いかもしれません

 

6000円代で購入できるレインウェア。雨の日に配達をするならこれぐらいは持っておきたい

 

レインウェアの上から羽織る。安物だと浸水する恐れがあるので、こちらも羽織れば防水性能UP

 

手袋

f:id:ochazukeyaro:20200322003441j:plain

雨の日は体が冷えるために、できるだけ雨に触れる部分は隠していきたいところです。

スマホを操作する都合上で手袋はしていない人が多いのですが、僕はスマホ対応の防水手袋をしようしています。

これのおかげで体は冷えませんし、特に冬の雨の日なんかは必須だと思っています。

 

手袋をつけると少しスマホの操作性は悪くなりますが、注文がきた時にタップできればいいと思っているのでそこまで困っていませんね。

あと、慣れると結構使えるようになるもんです。

スマホ対応の防水手袋。雨のひは体が冷えないように手袋もしておきたい。

 

ブーツ

雨の日の対策では足元まわりも対策しなければいけません。

僕は、ワークマンで販売しているスタートレーディングの防水シューズを使用しています。

このシューズは防水性が素晴らしいとかなり話題になった商品です。

 

足回りはみなさん工夫しているようですが、こちらのシューズは見た目も普通なので、違和感なく使用することができます。

 

防水性はかなり高いのですが、雨が強くなりすぎると靴の上の部分から浸水してくるので、そこは対策したいところですね。

ここはもう少し改善が必要だと思っているところです。

 

ワークマンでも販売しているスタートレーディングのシューズです。見た目も悪くないですし、上からの水の侵入以外は水が入ることはありません。

スマホ

AQUOS sense3

 

スマホが雨にやられた話を先ほどしましたが、僕がその代わりに購入したのがこのAQUOS sense3です。

Uber Eatsの配達とはかなり相性がよくかなり満足しています。

 

まず、バッテリー持ちがトップクラスに良いので、充電の回数が少なくてすみます。

休憩時間に1時間ほど充電すれば充分。

バッテリー持ちが良いということは雨の日でも充電をほとんどせずに配達ができるということです。

 

また、ホーム画面のアプリ表示を大きくすることができるので、手袋を付けながらでも操作がしやすくなる点も評価が高いポイントですね。

防水効果もありますし、買ってよかったなと思っています。

 

Uber Eats用のサブ機としてはお勧めです。

普段遣いのメイン機としてはスペックが低めなので、ちょっと不満があります。

同時に複数のアプリを起動するとカクつくので、スペックも気にしたい人にはミドルレンジでは評判のいいOPPO Reno Aもオススメです。

 

 

防水ケース

雨の日にはこちらの防水ケースをしようしています。

以前、別のメーカーの似たような商品を使っていたのですが、こちらの方が反応がよく使いやすいです。

 

素材的に耐久性はそこまで高くないので、消耗品だと割り切って使うのが良いでしょう。

バッグ類

防水カバー

 

Uber Eats配達用のバッグを雨から守るカバー。

 

配達用バッグは結構隙間とかができてしまうので、雨が浸水してくることがある。

また、カバンも濡れてしまうと痛むのが早くなると思うので、カバーを装着しています。

 

気休め程度なので完全に防水をしてくれるわけではない。ないよりはましという感じ。

 f:id:ochazukeyaro:20200322005934j:plain

大きいサイズが必要なのでバックパック用の防水カバーがちょうどいいです。

買うなら70L〜80L程度の一番大きいやつにしよう。

 

Uber Eatsの配達バッグは夜に危なくないように反射板がついているが、それも隠れるためにバッグには光を反射できるような工夫はしておいた方が良いと思う。

 

サイズが大きいので電車で帰るときなんかは裏返して、濡れたレインウェアをいれることもできる。

 

防水ポーチ

雨の日でもポーチがないとやはり不便。防水ポーチがあるとめちゃくちゃ便利です。。

スマホ用の防水ケースのような透明なビニール素材の防水ポーチもあるけど、現金払いのたびに、ガチガチ堅牢な蓋をはずのは面倒。

 

どうも使いにくそうだったので他に良さそうなのがないかと探していたらこちらの商品を見つけた。

 

カバンの入り口は開放されてる。

クルクルと巻き込む感じでカバンを閉じることができる。

マジックテープで止めるので開け閉めも非常に楽。

 

中のものが取り出しやすいので、現金を入れていても使いやすい。

f:id:ochazukeyaro:20200322005405j:plain

雨の日以外でも使いやすいと思うが、スポーツタイプの自転車に乗る場合はサイズが少し大きい気がする。

 

とりあえず、Uber Eats用のポーチが欲しいという人は雨の日でも晴れの日でも使えるのでオススメ。

 

現金入れ

Uber Eatsの配達員で現金の取り扱い方は人それぞれだと思うけど、僕はビニール性のポーチに入れている。

 

サイズはA6。

100均のもので充分だが、ジッパーは2個欲しいところ。

お釣りとして渡す、最低限のお金を入れる部分とお釣りが足りなくなった場合の予備のお金を入れる部分で分けている。

 

小物類

ティッシュ

雨の日は何が起こるかわからない。

水に濡れてトラブルが起こる場合も割とあるので、水分を拭き取れるティッシュがあると便利。

スマホが濡れて反応が悪い時や、お金が濡れてしまったときなんかに使える。

 

ビニール袋

濡れてしまったレインウェアを入れるのに使ったり、お札が濡れてしまった場合に避けて入れておけば他のお札が濡れない。

ビニール袋もとりあえず持っておくと、何かあった時に濡れたものをいれることができるので便利。

 

スイムタオル

こちらは水分を拭き取る用の特殊なタオル。

スポンジのように絞ることで、吸水性が復活するため何でも拭き取れる。

 

店舗や建物に入るときなんかはそのまま入ると床が濡れてしまうので、少し拭き取ってから建物内に入るように心がけた方が良い。

あと、僕はヘルメットをしているのだが、ヘルメットにも水滴がつくので、バッグから商品を取り出したりする時に水滴が落ちる。

 

このタオルがあれば何度も拭き取ることができるので、エチケットとして持っておいた方が良い

自転車

トップページ | 株式会社ドコモ・バイクシェア

最後はおまけ程度だけれど、雨天時はシェアサイクルを使用している。

 

僕は普段アサヒ自転車のロードクロスを使用している。

しかし、雨になるとかなり怖い。

 

タイヤが細くて表面もツルツルしているのでとてもスリップしやすくなってしまう。

僕の考えとしては雨の日にはスリップしやすいため、ロードバイクは乗らない方が良いのではないかと思っている。

 

代わりにシェアサイクルを使用している。

タイヤも太めで、安心して配達を行うことができる。

コストはかかるが、雨の日での単価を考えるとシェアサイクルを使ってでも配達をする価値はある。

 

雨の日にはどんな自転車でも滑る可能性はあるので、油断は禁物。

僕もシェアサイクルでスリップしたことがある。

 

速度はかなりゆっくり走っていたが、歩道を走っている時に曲がろうと思ったら転倒した。

この時は運がよく、商品を取りに行くところだったので商品を破損させずに済んだのだが、商品を運んでいるときだと転倒は本当に気をつけなければいけない。

 

まとめ

雨の日の対策道具をいくつか紹介してきましたが、最低限購入しておいた方がいいものをまとめておきます。

ゴアテックス 以外は全部揃えても10000円ぐらいです。

これだけあれば、雨の日でも安心して仕事ができるはず。

きちんと買い揃えておけば、その分雨の日で稼ぐことができるので、雨の日でガッポリ稼ぎましょう。 

 

 

 Uber Eatsに関する記事はこちらから

www.ochazukenori.com